傷ついた半月板は再生する?

先日された質問です。

知り合いが「半月板を損傷した」などと言われたそうなのですが、傷ついた半月板は治るのですか?と質問されました。

半月板とは?

半月板は鳥の軟骨の様にコリコリしていてこれを「線維軟骨」と言います。

形は通常C字をしていますが、中には「円板状半月」の方がいて、

この場合力の逃がし場所が無いため半月板損傷を起こしやすくなります。

機能は?

半月板の機能は次の通りです。

1.クッション

太ももの骨と脛の骨の間にありそれぞれがぶつからないように緩衝剤の働きをします。

2.関節の適合性を高める。

2つの骨の間にあることで関節の安定性を高めています。

3.栄養液を行き渡らせる。

膝には血流がありません。その為「滑液」と呼ばれる栄養液が存在し軟骨や半月板を栄養してくれています。

半月板はわずかな可動性があるのでこの滑液を分散させる事ができます。

損傷の原因は?

1.スポーツ外傷

バスケットボールやサッカーなどのジャンプや急な方向転換をするスポーツに多く見られます。

内側半月板は「内側側副靱帯」とくっついているので膝が内側に入るような動き(外反)が起こると一緒に損傷する事があります。

サッカーのスライディングなど外側からくらうと起きます。

2.加齢変性

一度の外力でダメになるイメージがあるかと思いますが、加齢変性で徐々に損傷します。

3.円板状半月

通常はC字型をしている半月板ですが、生まれつき円板状になっている方がいます。

小児に多く見られます。

治るかどうか?

傷が外側1/3で留まっている場合は再生が期待できます。

半月板のエッジ部分、外側1/3には血流があるので損傷しても再生する可能性があります。

それに対して内側まで入ってしまうと再生能力はなくなり、滑液に栄養されます。

MRIを撮ると線が入っていたり、点となって見えます。

保存療法(手術しない場合)の場合は「ヒールスライド」という方法で滑液の産生を促します。

手術の場合は部分切除をしたりめくれている所を縫い合わせて1つにします。

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報