このような状況では
ございませんか?

  • 事故にあったが、今はどこも痛くないので大丈夫だと思っている。
  • 事故直後は痛くなかったが、少し経ってだんだん痛み出してきた。
  • 事故後、頭痛やめまいがする。
  • 事故後、手がしびれ出した。
  • 仕事の始業前や仕事が終わってから通える整骨院を探していた。
    終了時間が19:00となっておりますが、お仕事などで間に合わない方はご相談ください。逆に朝の時間帯でないと時間が取りづらい方もご相談ください。
  • 日曜日や祝日しか時間がない。
    可能な場合がありますので、ご相談ください。

そんな時は五十嵐ヒーリング整骨院にご相談ください。

事故から期間があくと、
その後痛くなっても自賠責保険が
適用にならないことがあります。

少しでも痛みや違和感があったら
当院にご相談ください。

五十嵐ヒーリング整骨院なら

しっかりとした理学検査を行い鑑別し、それらの結果から、潜んでいる症状やこれからなり得る症状について検査・ご説明します。

【予兆】

  • 頭痛・めまいがする
  • しびれがでた
  • 夜眠れない(自律神経の乱れ)

事故の後、どこの整骨院に
通ったらいいか悩んでいる方。
ぜひ当院にお越しください。

激しい頭痛がある場合は病院での(MRI)検査をおすすめする場合があります。

【可能性が疑われる病名】 脳脊髄液減少症

【治療について】 まずは病院でプラッドパッチなどの治療が先になりますが、その後はクラニオセイクラルセラピーで症状が緩和される可能性がございます。

当院で行なっているクラニオセイクラルセラピーは脳脊髄液の還流を良くする治療法です。

 

交通事故の治療について

ここで書いている内容はカイロプラクティックやオステオパシーという治療の内容も入っています。これらは手、あるいは道具を使って体の微細なズレを解消したり衝撃で緩くなってしまった関節を止める方法です。

事故に遭われた際にはまずレントゲンで異常が無いかを診ます。しかし明らかな骨折や靭帯損傷がないと「骨には異常がありませんので、様子を見て下さい」と言われ湿布や薬を渡されるだけで改善が見られない方もいらっしゃる様です。

もちろんこれらもとても大事ですが、人間の体は繊細にできており、少しの異常が様々な場所へ波及して不調へと繋がります。そして細かな調整に対しては手技による施術に分があると考えています。他院で治療される際も上手く併用して治療されるのが改善へのベストな選択だと思いますので参考にして頂ければ幸いです。

整形外科でレントゲンで異常なしと言われた場合でもこれらがあてはまるものが有るかも知れません。病院では大丈夫と言われたけど痛みが引かない方は是非ご覧ください。

 

交通事故で損傷しやすい部位

後頭骨と第一頸椎のロッキング

頭の骨の出っ張った部分と頚の一番上の頸の骨が首を振られた際の衝撃でズレた状態で止まってしまいます。これにより頭の付け根が痛いのはもとより、この辺りの筋肉が収縮状態となり頭へ抜ける神経と血管が圧迫されます。結果「大後頭神経痛」と呼ばれる頭痛が起きます。

また小後頭直筋という最も深層にある筋肉は下図にある「筋硬膜橋」によって頭蓋骨の内側にある脳硬膜と繋がっています。小後頭直筋が過緊張を起こすと硬膜が捻じれ、頭痛を起こします。硬膜には脳硬膜と脊髄硬膜があり頭から腰まで繋がっています。

 

上図の斜線で囲んだ後頭下三角で脳への血流が遮断され、めまいや目の霞みなどの症状となって現れます。(めまいの原因は多岐に渡りますので、問診検査により様々な可能性を探っていきます。)またむちうちで頸椎が傷害された場合には血管の通る孔が狭くなる為、同じくめまい等を起こします。

 

第五/第六頸椎のすべり症

首の骨は7つあり、前方に緩やかなカーブを描いています。この中で首が振られた時に一番痛めやすいのが第五/第六頸椎の関節であることがわかっています。衝撃で骨と骨がぶつかり軟骨部分がすり減りグラグラの状態となります。ここから出る神経は手の方に行くので、手のしびれが出ます。またすべり症の方は上を向きにくくなります。

右から追突された際には右側の椎間関節が損傷されることが多いです。(左右対にあります。)

 

靭帯損傷

頸椎を止めている靭帯(前縦靭帯、後縦靭帯、棘上靭帯)も損傷することがあり、その場合にも前述したすべり症を助長します。

従来、動きの悪い関節を力を加えて解消する方法はありましたが、すべり症などグラグラと動き過ぎるものを止める方法はありませんでした。しかし近年これらに対してもアプローチできる方法ができました。当院では状態を見ながらこれらの治療も行います。

 

環椎横靭帯の損傷

首の一番目と二番目の骨は他の骨と異なり特徴的な形をしています。これらの間には靭帯あり外傷によって損傷することがあります。損傷されると下図の★で示したADI(環椎歯突起間距離)が広がります。

損傷の度合いはレントゲンを撮ることで分かります。頸椎の一番までは延髄という呼吸などの生命中枢がありますのでこれが無いかを必ず確認します。

正常値は大人で3mm以下、こどもで5mm以下です。これよりも広がっている場合には環椎横靭帯の損傷を疑います。

 

深層筋の損傷

首の一番奥深くにある長・短の回旋筋や棘間筋等の小さな筋肉達が傷つくとそれをカバーするように表面にある大きな筋肉達がこれらを防御します。これを筋性防衛と言います。大きな筋肉は少々の力では傷つきません。まず最初に傷つくのは深部にある小さな筋肉で、結果的に表面の筋肉が固くなります。この場合は筋肉が緩まるポイントでしばらく置くことで過剰に固くなった筋肉を緩める方法を取ります。

その後は傷ついた筋肉の治癒の過程で首の正常なカーブを保てる様に簡単なリハビリテーションを行います。

これは首の後ろ側についてですが、前にも同じことが起きる可能性があります。

 

神経の傷害

事故後に背中が張る方がいらっしゃいます。これは頸椎から出る横隔神経を介して横隔膜へ作用し、背中や腰の張りへと繋がります。横隔神経は頚椎の3~5番目から出る神経に由来します。

 

外傷性胸郭出口症候群

腕から手にかけてしびれや冷感が出ます。胸の辺りで腕や手に行く血管が圧迫されてそこで血液が遮断されることで発症します。手のしびれは神経性の物もありますので検査をして鑑別します。

 

顎関節症

受傷後1~2ヶ月後に顎が痛くなって開きにくくなる事があります。これは顎周りのの筋肉が首の筋肉とも連鎖する為で、むち打ちで首に問題があると顎へ波及します。このメカニズムを顎口腔システムと言います。何かを噛む時以外は奥歯には通常3mm程の隙間があります(レスティングスペース)。顎関節症でくいしばり等によってクッション(関節円板)が潰されて引っかかると開口障害や痛みが生まれます。治療はこの関節円板をフリーにする事を目的としますが、直接は触れることはできません。しかしそこにくっ付いている外側翼突筋という筋肉があるのでそこを介して関節円板へアプローチします。

 

慢性硬膜下血腫

事故や雪で滑って頭を打った時に出る事があり、ぶつけた後すぐには現れず、2~3か月位経過して発症します。しびれや脱力感(足に出る事もあります)が徐々に出てきます。頭痛は必ずしもあるとは限らず、認知症の様な症状が出る方がいます。頭部のCT検査によって血腫の有無を判別します。

※こちらは当院の適応外ですので、問診検査の結果疑われた場合には適切な病院を紹介します。

 

脳脊髄圧減少症

脊髄を包んでいる硬膜という膜のある部分からそこを満たしている上図の青で示した「脳脊髄液」が漏れてしまうものです。この場合激しい頭痛があり、立っているのも困難となります。治療はまず脳外科で開いた穴を自分の血液でかさぶたを作り止めます(ブラッドパッチ)。

その後は当院で行っているクラニオセイクラルセラピーで還流をよくすることで改善の見込みがありますのでそれを行います。

これについては病院との連携を取りながら気を付けながら治療致します。

 

腰部の痛み

シートベルトが食い込んで腰椎が折れる事が稀にあります。この場合はレントゲンの正面像において両脇の出っ張った骨が下を向いています。これは腸腰筋という筋肉が股関節の方へ引っ張っている為です。

 

バイク事故

明らかな骨折は割愛し一見わかりにくいものを紹介します。転倒時には手がまずでるはずです。着いた手から力が肩まで伝わり次の様なケガを起こします。

・手首⇒少し上の骨折(コーレス骨折)

・肘⇒橈骨頭の骨折

・肩⇒腱板損傷(または断裂)、棘上筋の剥離骨折、肩鎖靭帯の損傷

・首⇒神経が引き伸ばされた事で起こる引き抜き損傷やバーナー症候群という焼けるような痛みが起こる。

治療の流れ

STEP 1

来院の前にお問い合わせ

まずは、お電話かホームページ内のフォームからお問い合わせください。

当院ではどういったアプローチができるのか、今後どういった症状が予想されるかを説明致します。

またお電話やメールでは詳細な症状をお伝えしにくい方はご来院頂いても結構です。

(その際には予めご連絡を下さい。)

STEP 2

ご来院

酒田市西野町2-3にございます、当院へご来院ください。カーポートの向かって左半分と生垣の間が当院の駐車場です。

 

STEP 3

問診•状態のチェック

痛い箇所や、事故の様子などを具体的 にお伺いしながら検査を行い、適切な施術法を決めていきます。

初回は事故の状況やそこから推測される症状を念入りに診察・治療していきますので、約一時間かかります。

また交通事故で痛めやすい箇所がございますので、そこを中心に診ていきます。

この時重篤な疾患が隠れていないかも必ず確認します。

 

STEP 4

理学療法・手技療法の施術

超音波治療や干渉波治療などの電気治療を行い、骨のズレをアクティベーターという安全な器具を用いて調整します。またクラニオセイクラルセラピーによって自律神経や脳神経へアプローチし、しびれに対してはニューラルマニピュレーションという手技療法などで症状の改善を図ります。

※特に事故に遭われてすぐの時期にはお体が敏感な状態にありますので、強い刺激は与えませんのでご安心ください。

STEP 5

今後の施術に関する説明

身体の状況の説明 や今後の施術内容についてのプラン などをお伝えいた します。

STEP 6

施術終了

お疲れ様でした。

STEP 7

お支払

※厚生労働省から許可を受けているため、
自賠責保険での治療は事故患者様の負担金はありません。
(最大120万円までですが、加害者の方が任意保険に加入されている場合はこの限りではありません。)