顎関節症 Temporomandibular disorders(TMJ)

口を開けたときに痛みが出たり、開きにくくなる事を顎関節症といいます。

原因は様々な原因により顎関節内にあるクッションが押しつぶされ、いびつな形になって関節で引っかかる為です。

本来奥歯は上と下で約3㎜ほどの隙間があります。これをレスティングスペースと言います。

精神的な緊張で食いしばりが続いたり、ガムを噛み過ぎたりして側頭筋という筋肉が過緊張を起こすとレスティングスペースが無くなり常に関節円板が押しつぶされていびつな形になります。

結果開口時の痛み、ポップ音へとつながります。

また関節円板には外側翼突筋という筋肉がくっついており、同じく食いしばりが多くなると筋の収縮により前方へ引き出され引っかかりが生まれます。

当院では治療方針は次の通りです。

・側頭筋の過緊張を緩和させる為に、この筋を支配している脳神経の一つである三叉神経へアプローチします。クラニオセイクラルセラピーという頭蓋骨を調整することで、三叉神経の通りを良くします。

・首と顎は密接な関係があり、これを顎口腔システムといいます。その機能を回復させる為に鍼治療や首の治療を行います。

・ご自宅で出来る外側翼突筋のマッサージを指導します。

 

Temporomandibular disorders are painful or difficult to open when you open your mouth.

The cause is that the cushion in the temporomandibular joint is crushed due to various causes, and it becomes distorted and caught in the joint.

Originally the back teeth have a gap of about 3 mm above and below. This is called resting space.

If clenching continues with mental tension, or if the muscles of the temporal muscles become overstrained by chewing gum too much, the resting space will be narrow and the articular disc will always be crushed and become rugged.

As a result, it will lead to pain and pop sound when opening.

In addition, the articular disc has muscles called the lateral pterygoid muscles. Similarly, when the clumps increase, the muscles contract and are pulled forward, creating a catch.

In this hospital, the treatment plan is as follows.

・ In order to relieve overtension of the temporalis muscle, we approach the trigeminal nerve(ganglion), one of the cranial nerves that controls this muscle. By adjusting the cranial bone and facial bone called cranio sacral therapy, the trigeminal nerve is improved.

・ The neck and jaw are closely related, and this is called the stomatognathic system. Acupuncture and neck treatment are performed to restore the function.

・ Teach you how to massage the lateral pterygoid muscle at home.

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報