アイシング Icing

アイシングの方法は氷のうに氷と水を入れて患部に直接当てます。かなり冷たくて痛いですが、次第に感覚無くなります。アイシングはこの段階まで行います。時間にして15分~20分です。

 

アイシングをしていると次の様な段階で感覚が変わってきます。

①Cold・・・冷たい

②Burn・・・焼け付く感じ

③Ache・・・痛い

④Numbness・・・無感覚

 

これを頭文字を取って「CBAN」といい、④の無感覚になるまでが約15分~20分です。

急性炎症は約72時間続く為、受傷後約3日間は2時間おきにアイシングをできたら理想的です。

最近では温めて血流量を上げるというやり方をする事も有る様ですが、急性期に血流を上げる事で血液中のカルシウムイオンが集まり石灰が沈着し骨が作られる「骨化性筋炎」を起こす恐れがあります。

 

The icing method is to put ice and water in ice cubes and apply directly to the affected area. It is quite cold and painful, but gradually disappears. Icing is performed until this stage. It takes 15 to 20 minutes.

If you are icing, your feeling will change in the following stages.

① Cold

②Burn

③Ache

④Numbness 

This is called “CBAN” by taking the initials, and it takes about 15 to 20 minutes to be  on 4th stage.

Since acute inflammation lasts about 72 hours, it is ideal if you can icing every 2 hours for about 3 days after injury.

Recently, there seems to be a way to increase the blood flow by warming, but by raising the blood flow in the acute phase, “myositis ossificans”, where calcium ions in the blood gather, lime deposits and bones are made. There is a risk of it happening.

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報