バコディーサイン Bakody’s sign

頚椎ヘルニア(特に第5頚神経)がある人では手を頭の上に乗せる事で痛みが緩和する事があります。

これは第5頚神経が首の斜め前の椎間孔という部分から鎖骨の下の方へ走行しているので、ヘルニア等で頚神経へ圧迫がかかると神経へテンションがかかります。

これを回避しようと手を頭の上に上げようとします。特に頚椎ヘルニアが悪化する就寝時やデスクワークを行っている時にこの兆候が見られ、これを「バコディーサイン」といいます。

交通事故によるむちうちで頚椎ヘルニアが起きた時も起こりやすくなります。

 

In people with cervical hernia (especially the fifth cervical nerve), putting your hand on the head may alleviate the pain.

This is because the 5th cervical nerve runs from the part of the intervertebral foramen in front of the neck to the lower part of the clavicle, so if pressure is applied to the cervical nerve with hernia etc., tension will be applied to the nerve.

Patient try to raise my hand over his head to avoid this. This sign is seen especially when going to bed or desk work, where the cervical spinal hernia worsens, and this is called a “Bakody’s Sign”.

It also becomes more likely when a cervical hernia occurs in a whip due to a traffic accident.

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報