圧迫骨折 Compression fracture

圧迫骨折とはテレビCMで「いつの間にか骨折」とも言われている骨折です。

尻餅を着いた時に起こしやすいのですが、骨粗しょう症の方ですと咳やくしゃみなどでも起きてご本人も自覚がない事もあります。

骨粗しょう症は若い人(20歳から44歳)の骨密度を基準として、それに対して何パーセントあるかで評価します。

70パーセント以下になると骨粗しょう症として治療を開始します。

この圧迫骨折ですが背骨の前の部分が折れる為、複数箇所で発生した場合には一見すると猫背になります。

ですがこれは姿勢の問題では無く構造が既に破綻しています。ご家族に姿勢の悪さを指摘されて無理に体を起こそうとすると脊柱管狭窄症を誘発してしまいます。この間違いはとても多く見られるので予め患者さんに伝えるようにしています。

圧迫骨折の治療法はBKP(Balloon kyphoplaty)と呼ばれる手術を行い、潰れた骨に風船で膨らませて、空洞になった場所に骨セメントを注入します。ただ数が多すぎる場合には出来ないこともあります。

 

A compression fracture is a fracture that is also referred to as an “untimely fracture” on TV commercials.

It is easy to occur when falling on their buttocks, but if you have osteoporosis, you may get coughing or sneezing and you may not be aware of it.

Osteoporosis is evaluated based on the bone density of young people (20 to 44 years old) and the percentage of that.

Treatment starts as osteoporosis when it falls below 70 percent.

Although this is a compression fracture, the front part of the spine breaks, so if it occurs in multiple places, it will be stooped at first glance.

However, this is not a problem of posture, and the structure has already failed. If family members point out their poor posture and try to wake themselves up, they will induce spinal stenosis. This mistake is so common that I try to tell the patient in advance.

The compression fracture is treated by a surgery called BKP (Balloon kyphoplaty), inflated with a balloon over the collapsed bone, and injected with bone cement in the cavity. However, it may not be possible if there are too many  bone fractures.

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報