ステロイドの使用と肩の痛みの関係 Relationship between steroid use and shoulder pain

肩の痛みの一つの原因として腱板損傷や腱板断裂があります。

ステロイドの使用が長期に渡ると腱が切れやすくなりますので、気管支喘息・リウマチ・アトピー性皮膚炎などでステロイドを使用している患者さんの場合にはその点に注意して診察する必要があります。

またその他の副作用として骨粗鬆症がありますので、腰痛の患者さんには注意します。

※ステロイド・・・正式名称を副腎皮質ホルモンといい、副腎という場所で作られる副腎皮質ホルモンに由来して作られた薬です。糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの2種類あり、糖質コルチコイドを構成するコルチゾンとコルチゾールという成分を化学合成したものが薬として使われます。炎症を起こすホスホリパーゼA2の働きを抑制させます。(因みにその次の過程で炎症を誘発する酵素のシクロオキシゲナーゼの働きを抑えるのがロキソニンやボルタレンなどの非ステロイド性解熱鎮痛薬です。)

作用は抗炎症、抗アレルギー、免疫抑制作用で、経口薬、外用薬、注射薬などがあります。

 

One cause of shoulder pain is rotator cuff injury or rotator cuff tear.

If you use steroids for a long time, the tendon is likely to tear, so if you are using steroids for bronchial asthma, rheumatism, atopic dermatitis etc., you need to pay attention to this point .

Another side effect is osteoporosis, so be careful with patients with low back pain.

* Steroids: The official name is called adrenocortical hormone, a drug made from a corticosteroid produced in a place called the adrenal gland. There are two types, glucocorticoids and mineral corticoids, and the chemicals synthesized from the components of cortisone and cortisol that make up glucocorticoids are used as drugs. Inhibits the action of phospholipase A2, which causes inflammation. (Incidentally, non-steroidal anti-inflammatory drugs such as loxonin and voltaren suppress the action of cyclooxygenase, an enzyme that induces inflammation in the next process.)

The action is anti-inflammatory, anti-allergic, immunosuppressive, and there are oral medicines, topical medicines, injections

↓酒田の様々な情報が満載!ブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
酒田情報